info

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Merry Christmas & happy new year

image298.jpg

今年ももう終わりです。
年々、一年が早く過ぎるような気がします。
忙しくしているからなのか、暇にしているからなのか、よく分かりませんが・・・。

まあでも、来年は景気よく行きましょう。
と言うことで、今年は「有頂天家族(著:森見登美彦)」から抜粋です。
(今後読む予定の人は、見ないで下さいね。)




「懐かしいなあ!」
次兄が風を切って走りながら言った「これだ。これだった!」
私と弟は座席に膝をつき、窓から身を乗り出して手を振り回し、「やっほう」と叫んだ。
「ああ、どうしよう矢三郎。我が一族の頭領、兄さんの絶体絶命の危機だというのに、俺はなんだか妙に面白くてしょうがないよ。ふざけたことだなあ」
「かまわん、走れ兄さん。これも阿呆の血のしからしむるところだ」
私は言った。 「面白きことは良きことなり!」
ふいに偽叡電が寺町通をくねくねと蛇行し、軒先すれすれをかすめて雨樋を撥ね飛ばし、通りに面した飾り窓をあわや割りかけた。
「どうした兄さん、大丈夫かい?」
次兄はしばらく物も言わずに車体をくねくねと揺さぶっていたが、やがて鳴咽の混じった声で言った。
「父上の最後の言葉はそれだったよ。父上はあの夜、俺にそう言ったのだ。あれだけ長い間、井戸の底に籠もっていて思い出せなかったことだが、今の今、ようやく思い出した」
次兄の全身で阿呆の血が沸き返るのが分かった。心臓の鼓動を聞く思いがした。
「面白きことは良きことなり!」
高らかな次兄の宣言に、私と弟も唱和した。


「有頂天家族(著:森見登美彦)」より抜粋
スポンサーサイト

rainy days

image297.jpg

本当に久しぶりの更新です。

雨の日が続きますが、これを乗り切れば、夏がやってきます!(それはそれで暑いんですが・・・。)

逆瀬台の家の「お客様の声」頂きました。 

こちらからご覧下さい。

merry christmas and happy new year

image296.jpg

今年も色々ありました。
でも皆様のおかげで、今日も元気にやっていけています。
ありがとうございます。

今年の最後は、大好きな作家、梨木香歩さんの「冬虫夏草」から。


---尾根一筋、これは違えたかな、というようなときやなあ、会うんは。会お思て会ったこたないさかい。八風峠、ほやな、あの辺りかな。ほいと、時間か。時間はな、夕方が多かったな、わしは。雨が降る前か、降ってる間か。イワナて、水気がないとな。そういうことや思うよ。うん。ほいと、風体か。そりゃ、なんやぬるぬるしとるよ。丸顔やな。ほいで驚いたよな、まんまるの目玉して。あ、こりゃイワナやな、って。うん。わかるけどな、口に出しては云わへん。ほれはしたらあかんことや。
 山で生きるものの礼儀、ということであろうか。
---ほやな、面と向かっては、云われへんわな。
(中略)
お婆さんはいそいそと茶の間へ立ち、水屋の戸を開けて何やら運んできた。その間、ひとりでぶつぶつと、
---そやな、ぬるぬるしとるんは、しょうがないわな、イワナやし。
と呟いていた。それに応えるかのようにお爺さんが、
---ほいでも客商売するんやったら、ぬるぬるはなんとかせなな。
---ほいでもイワナやし。そりゃほこを責めたらあかんわな。
 なあ、と私に同意を求めるかのようにうなずいてみせた。私も思わず、
---イワナですしね。
と、うなずき返した。

 「冬虫夏草(著:梨木香歩)」より抜粋。

deafening silence

image295.jpg


今回、兵庫県展2015に応募し、入選しました。 (残念ながら、入賞ではありません。)

建築じゃなくて、絵画ですけどね。

両方とも大事なので、取りあえずよかったです。

(絵の方が、建築より気合が入っているという意見は却下します。)

a_light_house

image294.jpg

ようやく宝塚市逆瀬台の家の写真が整理できました。
今回はいろいろな工夫が詰まった家なので、説明コメントも長くなりましたが、それだけ本当に良い家になったと自負しております。

お時間ある方は、こちら からご覧下さい。

よろしくお願いいたします。

info
プロフィール

オオタデザイン

Author:オオタデザイン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
info info
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。