info

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New wave

image243.jpg

先日、実施図面の合間に、なんとか時間をつくって、フェリックス・ホフマン展に行って来ました。
伊丹美術館で展示されていたのですが、久しぶりだったので、迷っていしまいました。
何とか着いて、中に入ると、最終日近くということもあり、そこそこ人が入っていました。

このフェリックス・ホフマンという人は、絵本作家で有名になった人で、とても良い感じの絵を描きます。
入ってすぐ、「あぁ、なるほど、この人が絵本作家になった理由が分かる」というような、家族に当てた手紙が展示されていました。
自分が仕事で旅に出ている時に、家族にあてた手紙なのですが、いたる所にロバを引いているおじいさんや、荷降ろしする船員、頭にパンを載せて自転車で急ぐ人など、その土着の生活シーンが満載なのです。しかも、手紙の文字行間をしっかり考えて、描いているところが、イラストレーターとしての才能がバッチリ出ています。

さらに、この人は自分の子供たちに、自作の絵本をプレゼントしています。
それが、あまりにもよくできているので出版され、世界中で読まれるようになるのですが、そのクオリティーの高さに脱帽しました。
クオリティーといっても、キレイに描かれているという意味ではなく、「勢い」を損ねない絵ということなのです。
もうちょっと分かりやすく説明すると、一番最初の図案は、当然ラフな感じで、ペンや筆の流れにも勢いがあります。
そして出版が決まり、この図案をベースに絵を書き直すのですが、通常、出版用に描く清書版は「キレイに仕上げる」ことを要求されるので、どうしても最初の絵から比べると、線に勢いがなくなります。
極端に言うと、ラフ画の方が、清書版より面白く見える場合があります。

しかし、フェリックス・ホフマンのすごい所は、その「勢い」を殺すことなく、さらに美しく、しかも原案よりさらに躍動感にあふれる情景に、完璧に移し変えるところです。

人によっては何回も描く方が、より良くなっていく人もいるとは思いますが、普通(僕基準ですが)は、何回も描いていると飽きてきます。
それを常に良く描き続けるには、その作品に対する、よっぽどの愛情と、初心に戻る気持ちがないとできません。

絵本としてのストーリーも面白く、また昔読んだことのある絵本にも出会い、本当に良い勉強になりました。

さらに、壁画にもかなり良い感じの作品があり、売店で画集を買って帰ってきました。
(しかしこの画集、展示場の作品全部を網羅していないのが残念!)

最後にもう一つ思ったのが、ゴッホやピカソなどの絵は、通常、当然オリジナルの絵に価値あります。
極端に言うと、プリントやコピーはまったく価値をなしません。
なので、そのオリジナルの絵が、紛失や劣化でなくなってしまえば、絵の価値はゼロになります。
もしかしたら、それを描いた画家自体も忘れ去られるかも知れません。

しかし、出版物という形で世界中の定番として、何百年後も増版され、常にその絵と名前に触れられる画家もいるということを考えると、なんとなく面白く感じました。

もしかしたら、このブログを出版したいという、ナイスなパトロンが出てくるかもしれません。
500年後に「このオータっていう奴は、バカだねー!」と言ってもらえれば、しめたもんです。
スポンサーサイト

微調整

110826.jpg

実施図面も、ほぼ良い所まで描けました。
後は最終打合せをして、微調整をかけます。
この微調整が、なかなか厄介で、ミリ単位の調整になることが多いので、疲れます。
でも、ディティールを練ることは楽しいですね。

もう少しがんばります!!

Fruit paradise

image242.jpg


最近、更新の曜日がずれ始めており、皆さんにご迷惑を掛けております。(誰も迷惑に思ってないかもしれませんが・・・)
一回ずれると、忙しいこともあり、なかなか元通りに調整できません。

調整できないと言えば、お腹が減っている時のスーパーほど調整できないことはありません。
いつもスーパーに買い物に行くのは、週末が多いのですが、問題はその時間帯。
昼食後の3時か4時くらいに行く分にはまったく問題は無いのですが、5時とか6時の夕食前は、かなり危険です。とにかく、置いてある物が全ておいしそうに見えます。
惣菜コーナーの前に行くと、立ち止まり真剣に旨そうな物を選んで、どんどんかごに入れてしまいます。
さらに保存期間の問題から普段はあまり手を出さない、「本日中の見切り品」のコーナーに行き、「どうせ今日中に食べるのだから、これも安いし買っとくか」と買ってしまいます。
買い物ルートとして、この後惣菜コーナーに行くので、どう考えても一日で食べれる量を超えてしまうことに、この時点ではまだ気付いていません。(というか、もう頭がパンクしています。)

夕食を食べず8時くらいに帰宅してからの買い物は、もっとすごい。
なんせ、夕方の割引シールがいたるところに張ってあり、もうパラダイスです。
「これが半額!、これも半額!あぁ、半額!」と言った感じで、いらない物まで、買ってしまいます。
この前も、1000円以上する和牛ステーキが半額になっており、「これ頂き!」と買ったのですが、実際に食べる時間が夜11時になり、さらに上等なお肉の十分すぎる肉汁の為、案の定、胸焼けを起こしました。

気をつけましょう・・・。


しかし、夏場は食品保存の為、クーラーもガンガン効いており、食材も豊かに取り揃えられたスーパーで、一度でいいから暮らしてみたい。
「魚売り場の冷気の中に布団を敷き夜は寝て、朝起きたらそのまま、パン売り場に牛乳片手に行く・・・」想像するだけで、ニヤリとしてしまうのは、僕だけではないと思います。

Horse rider

image241.jpg

今までも、「近頃、よく散歩しています。」と書いていましたが、最近は「ランニング」をしています。
というのも、以前行った健康診断の結果が出て、全体に特に問題はなかったのですが、一つだけ個人的に気になったのが、「お腹周り」。

「はい、手を上げてください」と看護婦さんがいったので、「コマーシャルのように、お腹引っ込めようかな」と思ったのですが、「自分にうそはつけない」と泣く泣くそのまま手を上げて、お腹周りを測ってもらったのですが、その長さ、「84.5cm」。
確かに、「最近はズボンのお腹周りが、きついなー。ズボンが縮んだのか?」とは思っていたのですが、なんとメタボ一歩手前ではないですか。
と言うか四捨五入すれば、85cmだし、息の加減で、85cm超えちゃってるかもしれません。

「さすがに、これはマズイ」と思い、走ることにしました。
実際、散歩だけでは少し物足りなくなっていたので、ちょうど良い機会だったのかもしれません。(ちょっと、強がり・・・)

まずはストレッチをして、体をじっくりほぐしててから、走り出すのですが、たった5分で、体中の汗腺という汗腺から、汗が吹き出ます。Tシャツは体にへばりつき、顔中ベタベタで気持ち悪いったらないのですが、慣れてくると、もうどうでも良くなってきます。

走ったり、歩いたりしながら、約5Kmを走ります。
5Kmではまだまだですが、そのうち徐々に距離を伸ばして行きたいと思います。

とにかく、運動の良いことは、ヘロヘロになりながら、家に帰り、そこで一気に飲む麦茶のうまいこと!
そして、水シャワーで汗だくの体を一気にクールダウンすること。
これ最高です。

ただ問題は、急な運動からか、最近ひざが悲鳴を上げています。
メタボが治っても、膝がダメになるという、どこまでも不健康な僕でした・・・。

参考書

110815.jpg

現在、実施設計の真っ最中です。
色々な詳細を決めつつ、図面を作成していくのですが、この時に、色々な参考書を見ながらデザインを決めます。

建築だけではないと思いますが、世の中の大概の事は、もう既に誰かがしています。
後は、それをどうアレンジして、コーディネートしていくかがポイントになります。

特に写真の本は、建具の本で、ミリ単位の話ばかりで、目がくらみます。(*_*)

このように、スケッチを描きながら、参考書を見ながら、チクチクとしか進まないのが、設計の作業なのです。

Show me yours

image240.jpg

暑い!窓を開けても、熱風しか入ってきません。
ワークショップで行ってた、長野県が天国のようです。

ワークショップとは、「ワーク」の「ショップ」ということで、簡単に言うと、「実際に現場で体験しつつ学びましょう」というスタイルのことです。「体験型講座」といば、もう少しイメージしやすいかもしれません。
知り合いで、建築雑誌の元編集長だった人が、長野県に山小屋を持っておられるのですが、それがもう古いのと、リフォームを兼ねて、毎年、学生たちや知人を呼び、みんなで手直しをしています。

まぁ、大抵は、僕は学生たちに「あーだ、こーだ」指示をするのですが、なかなかうまくできません。
そこで、「貸してみてみ」といって、自分でやるのですが、これもなかなかうまくできないので、サックリあきらめて、「監督さーん、これ、どうしたら良いですかー?」と、大工をしていた監督さんにやってもいらいます。
その時の学生たちが僕を見る目は、長野と言う高地のせいだけでなく、僕を涼しくさせてくれます。
でも、とにかく、いつも笑いが絶えない、面白い現場です。

今年は、10年目と言うこともあり、作業に関しては自由選択だったので、僕は前々からほしかった、小さい簡易椅子を作ることにしました。
高さがあまり高くなく、座面が小さいタイプがよかったので、2x8インチの無垢板(いわゆるツーバイエイト)の端材を見付け、そこからパーツを切り出すことにしました。
その山小屋には、かなりの種類の作業道具がおいてあり、使う人によっては、グレードの高いものも作れると思います。(あくまでも、「腕の良い人なら」です。)

朝10時くらいから休憩しつつ作り出し、雨の降り出した午後5時前までには、何とか終わりました。

見た目は、良く言うと「シンプル」で、別の言い方をすると「素人感丸出し」なのですが、とりあえずはしっかり座れると言うことで、まあ良しです。
(「これ、作らなくても、銭湯の椅子を買ってくればよかったのでは?」という意見は、あっさり却下しました。)

こういう作業をすると、本当に大工さんや職人さんの腕のよさに感服します。
素材の性質や、道具の使い方、微妙な調整と、綿密な細工など、木を使う作業は本当に注意しないと、良いものができません。特に切り出しの時は、ちょっとでも、急いだり、手を抜くと木の端が割れてしまいます。
このような職人技の難しさを感じるだけでも、こういったワークショップに参加することの意味がありますし、設計の参考にもなります。

とにかく、気持ちよく過ごせた3日間でしたが、帰ってきてからの体感気温とのギャップがひどく、少々バテ気味です・・・。

ガラスブロック

110804-2.jpg

概算見積りを待っている間、色んな材料を調べてみたり、寸法など技術的なチェックをしています。
今回はガラスブロックを用いるので、サイズ調整をシビアに検討します。
なかなか難しいですが、がんばります!!


ところで・・・、
8月7日から、遠方地でワークショップがあり、出張します。
なので、次回のブログ更新は遅れますので、先にお知らせしておきます。
決して「逃亡する」訳ではありませんので、宜しくご理解お願いいたします。 m( _ _ )m

what's art?

image239.jpg

先日、森山大道展にいってきました。
いくつか有名な写真があり、「あぁ、この写真もこの人か」とフラフラ見て回りました。
僕の勝手な解釈ですが、この人の写真は、あんまり「じーっ」と見る写真じゃないと思います。
なんとなく、流れるように見ていくほうが、全体のコンセプトにあっている気がして、「フラフラ~」っと全体を撫でるように、2周くらいしたらちょうど良いんじゃないでしょうか。実際そんな見方をしてきました。

出口付近に、ドキュメント映像で、森山さんの写真を撮る時の映像を流していて、「どんな人なん?」と思い見ていたら、案の定というか、街中をフラフラ歩き、普通のスナップショットカメラで、パチパチ撮っていました。
しかしながら、撮る量はハンパなく、「ポケットに何本フィルム入ってるの?」と思うくらい、頻繁にフィルム交換していました。

そのドキュメントフィルムの、レポーター女性の前髪が巻き上げカールしていたので、恐らく90年代くらいのビデオだったので、今ではもうデジカメでフィルムを気にせず撮ってられるのでしょう。
ただ、現像しているシーンでは、暗室ワークにこだわりがおありのようだったので、今でもフィルム使用かもしれませんね。
そういう意味では、普通のスナップを見せれるだけのグレードに引き上げるパワーは、すごいと思います。
(偉そうに、スイマセン・・・。)


ストリートと言えば、「EXIT through the GIFT shop」も見てきました。
これは、世界各国に出没する『Banksy』というストリートアーティストが監督した映画で、普段は滅多にこういうことはしない人なのですが、あまりにもメチャクチャな話が身近にあったので、それを映画にしたようです。
(半分は、あまりに腹が立ったから、かもしれません。)

ストーリーは、「とにかく日常のシーンビデオだけを撮りまくり、後は決して見ない」というビデオ・オタクの男が、知り合いのストリートアーティストたちを撮り始めることから、スタートします。色んなアーティストを撮るのですが、唯一、絶対に正体を現さない『Banksy』だけが撮れません。
そのうちに、彼に一つチャンスが訪れ、憧れの『Banksy』に合え、色んな事情背景からそのうち彼らは良いパートナーになりだします。そして、ある時その男は「『Banksy』の映画を作りたい!」と自力でがんばりだします。

しかし、この男はあくまでも、単なるビデオフリークなので、できた映像がメチャクチャ。
そこで『Banksy』は彼に、「お前もストリートアートで、小さいイベントでもやってみたら?」とポロッと言った一言が、後でとんでもない話になっていくという映画です。(見る人も居るかもしれないので、これ以上は書きません。)

とにかく、「アートってなんなん?」と言うのが、終始問われる映画で、「アーティスト・プロデューサー」「批評家・メディア」「一般観覧者・コレクター」のバランスがメチャクチャな昨今のアート業界を、ある意味笑い飛ばしています。


「アーティスト」という響きはカッコ良いですよね。
薄くなった頭も「アート」だと言い切れば、僕もアーティストの仲間入りできるのかもしれません。(泣)


info
プロフィール

オオタデザイン

Author:オオタデザイン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
info info
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。