info

Strawberry fields

image273.jpg


先日、とうとう念願がかないました!
あの、目神山の家に行けたのです!

といっても、一般の人には「はてな?何のこと?」という感じだと思います。

目神山の家(回帰草庵)とは、石井修さんという建築家が建てた家で、目神山に埋まるように建っています。
以前から、事務所の近くにあることは知っていたので、散歩がてらに行って、チラリと覗いて見ることもありましたが、なんせ、人様のお宅なのでそうそう勝手に入っていけません。
建築雑誌では何度も見ていたのですが、「中はどんなんになってんのかなー」と想像を膨らますだけでした。

それが、この前とうとう訪問できました。
なぜなら、先輩の先輩が石井さんのご子息だったのです。

あのいつも散歩の時覗いていた、「外から見ると何もない」外観の門扉を抜けると、まず草の屋根と、少し下るアプローチが目に入ります。屋根に上ると山しか見えないすばらしい敷地で、鳥のさえずりが清々しいです。

下におり玄関を入ると、廊下の右側に広い中庭があり、空間に広がりを与えます。
その中庭にロの字型にを廊下が回り、それぞれの部屋にも続きます。
一番いいのは、リビングへの導入です。
この家は山の傾斜をそのまま生かしているので、中庭を見ながら、リビングに降りていく時の雰囲気がとてもいいのです。

そしてリビングは、落ち着いた暗さがあります。最近の住宅は「明るさ」を追及しがちですが、暗い部分が家の中にあってもいいのです。
目神山の家のリビングは、正面の壁中央に暖炉があり、その両サイドは山の茂みに向かって窓が配置されています。
この窓は全開放できるようになっているので、山からのマイナスイオンが「これでもか」と入ってきますし、何よりも木が手に届く所にあり、空中に浮いているような錯覚に陥ります。

ほかに、これも草木に近い和室や、2世帯用に増築されたキッチン(天井・壁がガラスのキッチンでとても明るい!)などなど色々と勉強になりました。

一緒にいた工務店社長は「ここに来ると、いつも新たな発見をする」といってられたので、僕もまたワイン片手にお呼ばれに預かりたいと思います。

先輩、これからも、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

7も

めがみやま7のMです。2012年5月1日発売の”BRUTUS” No.731「居住空間学2012」(2012/5/15号)の「住み継ぐ 」ごらん下さい。

info
プロフィール

オオタデザイン

Author:オオタデザイン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
info info