FC2ブログ
info

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Length of desire

image221.jpg

風邪を引きました。喉が痛く、咳が止まらず大変です。そのせいなのか、どうなのか分かりませんが、一昨日、ふと変な思いをしました。
風邪薬を飲もうとした僕は、「まあ、これは次回に取っておこう」と戻しました。そこで、「うん?」と思ったのです。

僕は自他共に認める倹約家(毎度ですが、嫁曰く「ケチ!」)です。確かに幼児期から鍛えこまれた、細かい節約精神が体に染み付いています。しかし、今現在、自分が風邪を引いており、薬が必要な時に、次回を考えるのはいかがなものかと。
「今、使わんでいつ使う!」という考えと、「いつか使うから取っておこう」という精神は、表裏一体です。そして、「ちょっとずつ使うと節約できる」と思っていたことが、結局「最初から一気に使っておいた方がよかった」という結果をもたらす事は、世の中往々にしてあります。今回のように、風邪薬を飲んだり飲まなかったりして、風邪が長引き、結局病院にいくはめになるよりも、最初から続けて薬を服用して、ちゃっちゃと直したほうが、よっぽど、合理的です。

しかし、物理的に節約した方が、長持ちする場合はどうでしょう?例えば、歯磨き粉や、シャンプーなんかは少量使った方が、もちろん長持ちします。
今回、熱のある頭をフル回転し、普段使うトイレットペーパーをいつもより、50cm多く取り、ゆったり使ったとしたら、という計算をしました。家族4人で一日1人1回の使用としたら、1日で2m、一ヶ月で60m、さらに一年で、720mも違うのです!
「これはすごい!やはり節約の意味がある!」と思い、トイレットロールの長さを見たら、一本60m。それが1ダース(計12個)入りで、ちょうど同じ720m。値段を見たら、299円。一年間、がんばって節約して、299円。
何かとても非効率な事をしているような気がしました。

洗剤をちょこっと付けてひたすら皿をゴシゴシ洗ったり、薄ーくなったフェルトペンを使いまわしたり、いつ使うか分からないポイントカードでパンパンの財布を持ち歩いたり。皆さんご存知のように、節約はとても疲れますが、実はあまり効果がないのかもしれません。

今回の地震で、節電を言われています。確かに必要なことでしょう。しかしそのような電化製品に頼らざるを得なくなったこの物質社会を、もう一度見直さないといけないと思います。我慢してるといつかどこかに無理がきますからね。(しかし、そういった便利グッズがなくなる生活も、また不便で我慢を強いられるのでしょう。あぁ、矛盾。)

なぜか僕のケチ話から、壮大な社会ネタになってしまいましたが、とにかく、今は熱を下げるために、ケーキの底に敷いてあった保冷材を頭に巻くという、どこまでもエコロジーで、したたかな僕でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


info
プロフィール

オオタデザイン

Author:オオタデザイン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
info info
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。