FC2ブログ
info

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

first contact

image228.jpg

小学校3年か4年くらいの時、「康」という漢字を学校で習いました。この漢字の書き取り練習の時に、「自分はこの漢字を書いても良いのか?」と思ったことがあります。
なぜなら、それまではテストなどで、自分の名前「太田康仁」を「太田やすひと」と書いていたからです。

もちろん健康診断の書類や出席簿などで、「康仁」という名前の漢字は見て知ってはいましたが、それを書くのは自分の親か大人だけでしたから、自分が「康」という字を書く事に、なんとなく「自分はしてはいけないことをしている」と感じを受けました。

次に同じような感覚に陥ったのは、自動車教習所で初めて車を発進させた時です。
僕が前後を確認し、シートベルトを付け、指示を待っていると、タバコ臭い担当教官が「はよ、発車せんか~」と間延びした声でいいました。

当然、それまで車を運転したことがなかったわけですから、初めての運転はとても厳かな雰囲気だろうと思っていたので、講習初日は「すごい事を今からする」と緊張していたのです。
ところが、教官の声が「今からコーヒーでも飲もか~」というくらい、あまりにも日常的な響きだったので、「このまま、自分は本当に運転して良いのだろうか」と思ってしまいました。

今でこそ、神経の図太い僕ですが、昔はとても謙虚な、それはそれは可愛らしい男の子でした。
関西のきれいなお嬢さんが、20年後には完璧な「オバチャン」に熟成されてしまうのと、同じことなのでしょう。神経だけでなく、口まで悪くなってしまうのが、最近の強烈な自己嫌悪の種です。(特に、お酒の席では、失言を多発し、ご迷惑をお掛けしています。)

そんなことは置いといて、話を戻して何が言いたいかと申しますと、「そんなフレッシュな感覚をもう一度味わいたい」ということです。最近は、やりもしないのに「あれやったら、こうなるやろ」とか、「こうしたら、ああなるから、やめとこ」とかいう、消極的な気質になりがちなので、ここで一度、自分を変換させないといけないような気がしています。

ということで、今朝、さっき、つい30分前、「アーチェリーをやってみよう!」と思いつきました。
あと3時間後に、同じ気持ちが残っているか不明ですが・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


info
プロフィール

オオタデザイン

Author:オオタデザイン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
info info
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。