info

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

autumn shadow

image253.jpg

どこかで捻ったのか、手首が痛いので困ります。
パソコンで文字を打つ分にはまだましなのですが、ちょっと本をとったりする時に痛みがあります。
そこで、シップを貼り、なるべく手首を動かさないようにしますが、手首を固定してしまうと、手の機能は殆ど機能しません。
つまり、日常生活を普通に送っていると、いつまでたっても直りにくい部分なのです。

以前、動物の番組で、チンパンジーを解説していました。
チンパンジーのDNAは人間の物とほぼ一致しているとか、知能指数が高いとか、社会性があるとか色々解説していましたが、その中で、チンパンジーは手首を使う機能が発達していないと解説していました。
実際、体操競技のリボンをチンパンジーに渡し、その前で飼育員がリボンを振ると、チンパンジーも真似をして振るのですが、手首が人間の様には使えなく、渦巻きを作る事はできませんでした。
犬を見ても、馬を見ても手首はそれほど進化しているようには見えなく、人間のように手首がここまでうまく稼動する動物は少ないのかもしれません。
最終的に、チンパンジーはリボンの棒を口にくわえ、その場でスピンしだしました。その方がうまく渦ができていました。


手首と言えば、もう一つ思い出があります。
それはある知り合いが昔、合気道をやっていたというので、「あれって、本当に倒れるんですか?」と聞いたら、「ちょっと手首かしてみ」といって、手首を握られた瞬時に、自分がひざまづいていました。
相手は、手首をつかんでちょっと角度を変える程度なのに、体ごと持っていかれるのには驚きです。
でも、そこはやられっぱなしでは面子が立たないので「こんなの僕もできるんじゃないですか?」と相手の手首を持って捻るも、相手は普通に立ったままで、全然効きません。

結局あっさり、あきらめて、「どうやったんですか?」と聞くと、「合気道は、へその下の丹田に気をためて、技をかけるんであって、今やってるように手の力だけで抑え込もうとしてもダメ。」と言われました。
それを聞いてもう一回やったら、「そうそう、ちょっと来てる、けどまだまだ」と言われ、「合気道って、なんか遊んでいるみたい」と思った自分を猛省しました。

それ以外にも、手首には「腕時計を付ける所」と言う立派な役目もありますし、「影絵」の時に手首が曲がらないと、フラミンゴができません。

ということで、人間の手首って本当に大切なんです。
もし怪我しても、絶対に無理をしないでください。


ところで、なぜこんなに長々と手首の事を書くかと言うと、手首の痛い時の食器洗いが、いかに辛いかを嫁に分かってもらいたいからです。
特に、あの皿の縁をこする時の、手首の返しがたまらなく痛いのです・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


info
プロフィール

オオタデザイン

Author:オオタデザイン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
info info
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。