FC2ブログ
info

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

High tower

image264.jpg

最近、本当に更新が遅れすいません。
なぜか忙しすぎて、首が回りませんが、3月になれば少し収まるかも・・・。(そうなってほしいと言う願望です・・・。)

なので、最近は事務所でひたすら仕事をしており、特に変わった事はないのですが、この前面白い本を買いました。

タイトルは「悪人 (著:束芋)」です。
これは映画にもなった吉田修一さんの「悪人」と、現代アート作家の束芋のコラボレーション的な本です。

どういう本かというと、束芋さんが吉田さんの悪人の文章から、単語やセンテンスをピックアップし、それに関連する絵を描いているのです。
漫画のようで漫画でなく、詩集のようで画集のようです。

とにかく、束芋さんのなんとも毒々しい絵とその「言葉」とがコラージュ的に組み合わされ、なんとも奇妙な雰囲気をかもし出しています。
特に原文の「悪人」自体が、これでもかいうくらい暗い、ドロドロした表現なので、束芋さんのシュールでアクの強い絵が、ぴったり当てはまります。


束芋さんの作品は以前、美術館でも見たことはありましたが、正直、最初はあまり良いと思えませんでした。というのも、思春期に僕も同じようなシュールで不安定な絵を描いていたからで、もう少し逸脱したインパクトがあってもいいと思ったからです。

しかしこの本では、最初から吉田さんの原文が強烈なインパクトを放っており、主人公たちの心の奥底の暗くドロドロした葛藤のイメージがすでに出来上がっているので、束芋さんの絵がすばらしくマッチしていました。

かなり、個性の強い本ですが、一度覗いてみてください。
本当に、本の主人公たちの心を覗いてる感覚になれます。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


info
プロフィール

オオタデザイン

Author:オオタデザイン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
info info
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。