FC2ブログ
info

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

step by step

image268.jpg

3月に入ろうとしていますが、もう既に、僕の中で今年No.1対象に輝いた本を紹介します。

タイトル「創世の島 -Genesis- (著:バーナード・ベケット 訳:小野田和子)」です。

この本は、嫁さんが勧めてくれた本なのですが、さすが司書。なかなか良い本を持ってきます。
エスター・グレン賞とやらを受賞しているのですが、そんなのは知りません。
ただ、本当に、よくできた面白い本で、とても哲学的です。
なので、なかなかスラスラとは読めないのですが、じっくり読んでいくと、滅茶苦茶面白い内容です。

舞台は、試験官3人が並ぶ一室で、そこにアナクシマンドロスこと、アナックスが4時間の口答試験を受けます。
それが全ての設定なのですが、その口答試験の題材は、彼女が選択できます。
今回彼女は、今まで研究してきた、「アダム・フォード」という歴史上の人物を選択し、彼の歴史的見解について試験を受けます。

その物語の中では、アダム・フォードはある罪を犯した事から、処刑される運命でしたが、彼の能力の高さから、ある実験の被験者として収監されます。
腕に手錠をかけられ、じっとしている部屋には、一台のロボット、「アート」がいました。
最初は、そのロボットに拒否反応を示してたアダムも、そのうちアートと打ち解けていきます。


この話については、本当はもっと色々書きたいのですが、これ以上は書かないでおきます。
ただ、その人間とロボットの会話が、非常に興味深く哲学性にあふれています。
そして、物語自体も、意外な方向に進んでいきます。


作家のバーナード・ベケットさんは、ニュージーランドの高校の先生らしいです。
この本を書いて知人に読ませたら、あっという間に人気が出て、世界22カ国で翻訳されるまでの本になったようです。

興味ある方は、是非読んでみてください。
できたらその人と、白熱した討論がしたいものです。


それと、実績のページを更新しました。
合わせて、宜しくお願いします。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


info
プロフィール

オオタデザイン

Author:オオタデザイン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
info info
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。